「中古パソコンの概要を把握しよう!」

〈パソコンで何をしたいかによる〉
OSが古いパソコンは、年月が経つにつれて対応できないサービスが出てきます。インターネットは見られないサイトが増え、SDカードなど記憶メモリーの挿入口が、古いパソコンだと無いものがあります。またお手持ちのプリンターやスキャナーに対応しているか、エクセル、ワード、年賀状ソフトなど常に新しいバージョンが必要かどうかも鍵になってきます。中古の多くはバッテリーがすでに消耗しているので、モバイル用でなく、直接コンセントにさした状態で使える人向きです。

〈初心者におすすめの中古パソコンは?〉
ワードやエクセルなどのソフトを自分でインストールできない人は、すでにインストールされた中古パソコンを買うと良いでしょう。企業から払い下げになったものは、まだまだ使える状態の良いものがあります。「すぐ使えます」という表示があるかどうかが目安ですが、何か落とし穴がないか商品説明文は細かく目を通し、気になることは問い合わせる必要があります。

パソコンに詳しくなくても中古パソコンを買って大丈夫?中古パソコンを初めて買うとき、気をつけること

オークションを見ていると、やはり届いたらすぐ使えると記載のあるパソコンに人気が集中しています。やや値段設定が高めですが、一定期間の保証をつけてくれる業者で買うと安心です。ただしインターネットの接続設定など、自分でしなければならない項目はありますし、もしかすると家電量販店の目玉商品で新品が安く買えるとも限りません。

引用文■中古パソコン https://mobadeji.com/

〈中古パソコンはお買い得!〉
中古パソコンはどれくらいお得なのでしょうか。オークションではWindowsVistaを5000円程度で入手することもできます。ただしあまり古いOSはWindowsのサポート延長期間が切れ、今後XPのように使えなくなる可能性があります。パソコンは数年ごとに新しいOSが出るので、毎回10万円以上する新品を買うよりは、中古を2年おきくらいに買い換える方が遙かに安く済みます。でもいつ壊れるかリスクは伴います。

自分でソフトをインストールできる人は、より安くパソコンを手に入れられます。手持ちのエクセルなどをインストールするか、インターネット検索で必要なアプリを探してダウンロードしてもいいでしょう。新品を買ったのと同じ環境に近づけます。

office製品に似た機能を持つアプリや、インターネットウイルス関連のセキュリティーソフトを無料でダウンロードできるサイトもあります。個人で出品された中古パソコンには、美品でお買い得なものが見られます。オークションの評価を見極めて、安心できる取引相手を探すのが成功の秘訣です。

うまくいけばとてもきれいな状態の中古パソコンで、最新OSより1つか2つ前のものを2万円程度で手にいれることができます。